白血球の数値異常!蕁麻疹で入院…


蕁麻疹

随分と間が空いてしまったが、

あの後、蕁麻疹は全身に広がり、

ぽこぽこがパンパンに腫れ上がり、

白血球の数値が異常にあがり、

そのまま検査入院となった。

入院初日から高熱が出て3日間くらい39度台をキープしたまま

蕁麻疹は全身に頭皮、手のひら、手の甲、足の裏、足の甲、
全ての皮膚という皮膚に広がり、その後パンパンに腫れ上がるという痛くて熱くて、
節々が痛くて立てない、トイレなどの基本動作を車椅子で生活するくらいの腫れよう。

血液検査、培養、CT、検便、検尿、婦人科、内科、皮膚科と全て検査しても原因不明。

強いて言えるのはウィルス性の高熱、その前に蕁麻疹が出て体を守ってたけど守りきれず高熱?

なんのウィルスなのかは現在名前の付いてるウィルス全てが該当しないという。

新種かもしれないし、地球上の名前の付いてないただのそこらへんにいる
ウィルスかもしれないしというのが結果だった。

とにもかくにも5日間の入院生活を送ったのだが、
蕁麻疹が出る数日前に夫婦活動を試みてる。

つぎつぎの日の朝がとてつもない眠気に襲われて1日寝ていた事があったのだが、

夫はそれが原因なんじゃないかと弱音を吐き出し、
こんな風にさせてしまったのは子作りのせいかもしれないとかなんとか。

めんどくさい男だ。

婦人科の培養検査も内診も問題なかったのに、(筋腫の変性は見られると言われたが、
それは筋腫持ちは良くある事らしく、
今回の蕁麻疹や高熱が直接の原因になる事は考えにくいらしく、
変性したのはそのウィルスに感染し、炎症した方が考えられるらしく。)

説明もしたのに、長文のLINEが送られて来て、
正直、亡くなった長男の事はまだ乗り越えられないとか。乗り越える必要はないんだけど、ブツブツ。。。
だから子作りを当分やめないかと。

乗り越える必要なんてないでしょ。
あたしなんか突然思い出してわんわん泣いてる日もあるわ。
あたしの卵子の数は年々減ってくことを説明。
もう出来ないかもしれないし、それはわかんないけど、始めたばっかでやっぱ辞めようはない。

あたしの気分やペースも考えて欲しい。

なので、夫はきっと思ってもないと思うけど、
私は、中途半端に諦めるなら最初から言うな、今辞めるなら離婚したい。
私は子供が欲しい。やれる事はやって納得いく人生を送りたい。
なのでそれが出来ないなら貴方とは居れないと。

結果的に退院してから話し合い、
弱音を吐いたと弁明してきたけど、
病気のあたしを前に守る事より自分の弱音をあたしに吐くところが夫らしいな。

あたしは強くなくてはいけないんだな。
だがそれにも無理があるので、
言いたい事は言わせて頂く。

甘やかすにも程があるので、
強く突っ撥ねる事もこういう夫には必要だ。

暫くは、お互いのフラストレーションのぶつけ合いで些細な喧嘩が起きてる。

私もストレスなんだよ。

乗り越える必要はないけど、
こういうテンションに陥る事はあまりしたくないな。

外に出て、人間関係に揉まれ悩む事も私の成長には必要な事で
それもまたストレスになるかもしれないけど私は常に成長していきたいと思う人間なので、
家にこもって誰とも話さず、掃除、洗濯、犬の世話、
旦那の帰りを待つだけのルーティンは体に合わないらしい。
それは今回の生活で学び、夫に了解を得て外で仕事をする事に決めた。

ストレスは体に色んな毒を色んな形で表してくる。

自分なりに自分らしさをペースを保って生きて行く事がバランスなのね。

忙しく仕事してた時の方が高熱とか出さなかったし、
夫にはごめんだけど、専業主婦にはなれませんでした。

子作り再開もちょっと息を抜こう。

miicophoto_39

miicophoto_40

2016-10-22 14:44:57

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/salys/miico.tokyo/public_html/wp-content/themes/xeory_base/single.php on line 108

Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/salys/miico.tokyo/public_html/wp-content/themes/xeory_base/single.php on line 110